オフィシャル・サンドボックス・ガイド

イントロダクション

サンドボックスとは

SCP財団日本語版wiki(以下メインサイト)では、記事投稿を行う前の下書きの保存、レイアウトや構文の動作確認等の環境テストを行う場所としてサンドボックスサイトを提供しています。これらのサイトはメインサイトとほぼ同様のスタイル・構文環境を持っているため、作成した記事をそのままメインサイトにコピー&ペーストする事で同様の動作が保証されています。

利用者

Wikidotのアカウントを取得している事が条件となります。メインサイトへの参加申請は必須ではありません。

禁止事項

全てのサンドボックスサイトにおいては、以下の行為を禁止します。

  • 許可されていないページの無断作成
  • 他人の個人ページの無許可の編集
  • 他人の個人ページ内に存在する下書き等の無許可の転載・盗用
  • 編集権限のないページの無断編集
  • メインサイトで禁止されているコンテンツ(直接的なポルノ表現やグロテスクな表現等の不適切な内容)の掲載
  • スクリプト等を利用した悪意のある行為(ユーザー操作を挟まない外部サイトへの強制リダイレクト、ブラウザクラッシャー1の作成等)

悪質な違反行為が確認された場合は、メインサイトのルールに則った形で処分が下されます。

注意点

サンドボックスサイト上に作成したページは、メインサイト上のコンテンツと同じく保存ボタンを押した瞬間から全世界に公開されます。このことを念頭に、"Don't be a dick"の原則に従い節度のある利用を心がけましょう。

サンドボックス1

概要

リンクはこちら

メインサイト設立から2015年12月まで利用されていたサンドボックスサイトです。現在は利用できません。

サンドボックス2

概要

リンクはこちら

2015年12月より運用されているサンドボックスです。ユーザー一人あたり1ページが与えられており、下書きの保存から構文の実験まで幅広い用途に利用できます。また、公共性のあるページの下書きの共同編集、翻訳の予約もこのサイト上で行うことが出来ます。

ページごとの利用方法

個人ページ

ユーザー一人あたり1ページだけ作成でき、自由に編集可能なページです。Wikidotアカウントを取得しログインしている場合、トップページの「ページ作成方法」に従って作成することが出来ます。複数の下書きをページ内に保存したい場合は、タブ構文などの利用が推奨されます。また、下書き批評を行う場合はサンドボックス3の下書きページの作成を推奨します。

共有ページ

「ガイド」「エッセイ」「コンテスト」などの公共性のあるページを作成する場合、サイトスタッフの許可の下サンドボックス上に下書きページを設けることが出来ます。編集権限は、サイトスタッフから許可を得た編集責任者の裁量で決定されます。ページ作成の際は、"guidline"カテゴリへの設定が必須であるため、共有ページハブの下に設置されたページ作成モジュールを利用してください。

翻訳予約ページ

外国語サイトの記事の翻訳作業において、翻訳の衝突が起こらないように翻訳中である事を宣言するためのページです。予約する/しないは任意ですが、予約無しで投稿する場合は必ずリスト上で予約済みでないことを確認してください。予約方法はページ中の指示に従ってリストを直接編集する形になっているため、このページ自体の編集は翻訳を行う意思があるメンバーであれば許可されます。

なお翻訳の下書きそのものの保存は、このページではなく個人ページあるいはサンドボックス3の下書きページを利用してください。

下書き批評の手順

個人ページ掲載した下書きについて、メインサイトの下書きフォーラムにて下書き批評を受けることが出来ます。下書き批評は、以下の手順で行ってください。この方法は旧来の方法なので、サンドボックス3を利用した批評システムへの移行を推奨します。

  1. サンドボックスの個人ページで下書きを完成させます。この際タブ構文内に下書きを格納している場合、タブから出してサンドボックスの先頭に移動させる、1タブ目に移動させるなどして批評者が分かりやすいようにしておきましょう。書きかけのものについてのアイディアや意見の募集は、アイディアとブレインストーミングのカテゴリーにスレッドを立ててください。
  2. 下書き批評のカテゴリにスレッドを立てます。この際スレッドのタイトルにはSCPやTaleなどの下書きのフォーマットを明記した上で、記事のタイトル(SCP報告書の場合はメタタイトルが好ましい)を記入してください。例としては、SCP下書き「彫刻 - オリジナル」などといった形です。また、スレッドのサマリーにどのようなタイプの記事であるかなどを簡潔に書くと、批評者が記事を探しやすくなります。最初のポストにはサンドボックスへのリンクを掲載するだけでなく、批評に際して特に見てもらいたい点を書くのが好ましいです。
  3. 批評が返ってきたら、その意見を参考に下書きの改稿を行いましょう。スレッドを立てても暫く批評が来ない場合がありますが、多くの場合それは批評者がまだその記事を読んでいないだけです。批評がない=その記事に問題がないと安直に判断せず、もう少し批評が来るのを待ってください。
  4. 十分な批評を受け改稿を繰り返した上で、自分が納得する記事に仕上がったと判断したら記事の投稿を行ってください。投稿の手順については、こちらのガイドを確認してください。
  5. 批評が終了した、あるいは批評を取りやめる場合はスレッドにその旨をポストし、できればタイトルかサマリーにも批評終了済みであることを追記してください。

サンドボックス3

概要

リンクはこちら。 ※モックへのリンク

2018年█月より運用を開始した、下書き批評に特化したサンドボックスサイトです。原則として一つの下書きにつき1ページを作成する事が可能であり、その結果ユーザー一人が複数のページを作成することが出来ます。

ページごとの利用方法

ポータルページ

サンドボックス3を利用する際、最初に作成してもらうページになります。Wikidotアカウントを取得しログインしている場合、トップページの「ポータル作成方法」に従って作成することが出来ます。このページは自分の作成した下書きページの管理と、新たな下書きページの作成を行うことが出来ます。

下書きページ

自分のサンドボックスポータルページに存在する「新しい下書きを作成する」のリンクをクリックすることで作成可能です。一つの下書きに対して1ページが原則ですが、複数ページを使用する特殊な構文の記事を作成する場合はその限りではありません。また、なるべく書きかけのページを量産しないように、アイディア段階の記事はサンドボックス2の個人ページに保管するなどして2つのサンドボックスを併用してください。

批評ハブページ

批評ハブページでは、ステータスが批評中である下書きの一覧を表示します。批評をする方は、このページの並べ替え・絞り込み機能を使って自分が批評しやすい記事を探すことが出来ます。それぞれの項目については以下の通りです。

  • 並べ替え
    並べ替え方法を、作成日時順・更新日時順・コメント数順・文字数順・ランダム・コメントの新しい順から選択します。デフォルトの並べ替えは作成日時が新しい順です。コメントの新しい順については複雑なwikidot構文を用いて擬似的に再現したものであり、表示数が限定されたリストであることに留意して下さい。
  • カテゴリ別/ジャンル別
    下書きページに付けられたカテゴリタグ・ジャンルタグを使って絞り込みを行います。コメントの新しい順以外の並べ替え方法を選択済みである場合、タグの選択後も並べ替え方法は維持されます。再度並べ替え方法を選択すると、タグの選択は解除されます。
  • アトリビュートタグ
    下書きに付けられている全てのアトリビュートタグがタグクラウドで表示されており、タグ名をクリックすることでそのタグで絞り込みを行います。このとき、並べ替え方法は強制的に作成日時が新しい順になります。

下書き批評の手順

  1. ポータルページの「新しい下書きを作成する」のボタンを押し、下書きページを作成します。この際、タイトルの欄にはSCPオブジェクトであればメタタイトル、TaleやGoIフォーマットであればタイトル、翻訳記事であれば原題と訳題のみを入力してください。「SCP下書き」などの説明は不要です。また、下書き一覧の表示システムの都合上、タイトルには全角/半角スペースを入れないようにしてください。
  2. 批評を受けたい下書きが完成した後、作成されたページの一番下に存在する批評タグのボタンを押して、記事のフォーマット、記事のジャンルを指定してください。批評を受ける準備ができたら、"ステータスを「批評中」に変更"ボタンを押す事で下書き一覧に表示されます。
  3. 批評が返ってきたら、その意見を参考に下書きの改稿を行いましょう。改稿中で批評を受けたくないときは、"ステータスを「改稿中」に変更"ボタンを押すことで下書き一覧に表示されなくなります。スレッドを立てても暫く批評が来ない場合がありますが、多くの場合それは批評者がまだその記事を読んでいないだけです。批評がない=その記事に問題がないと安直に判断せず、もう少し批評が来るのを待ってください。
  4. 十分な批評を受け改稿を繰り返した上で、自分が納得する記事に仕上がったと判断したら記事の投稿を行ってください。投稿の手順については、こちらのガイドを確認してください。
  5. 批評が終了した、あるいは批評を取り下げる際は"ステータスを「批評終了」に変更"ボタンを押してください。

特記事項

フォーラムのルール

批評に利用するフォーラムにおいては、メインサイトに準拠したルールが適用されます。ルールが定める違反行為が認められた場合、メインサイトのフォーラムと同様の処分が下されます。

【TODO:オフィシャル・サンドボックス・ガイド】
【TODO:サンドボックス1・ガイド】
【TODO:サンドボックス2・ガイド】
【TODO:サンドボックス3・ガイド】

【TODO:pastnin・ガイド】

【TODO:Physicslike氏に任せる】


サイトルール
批評ポリシーオフィシャル・サンドボックス・ガイド画像使用ポリシー


ガイドトップ

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License