書き方について

文体について

多くの人々は客観的な文体について勘違いをしています。彼らは大きな言葉を使うか、スマートな言い回しにしようと思っています。あるいは"grimdark"に焦点を当てるものだと考えます。それは正しくありません。下記のような、正しい文体で書こうとすることだということを忘れないで下さい。

正確かつ簡潔に

正確に: あいまいな表現は避けてください。簡潔に: ちょっとしたことに多くの単語を使わないでください。実際に適切である場合を除いて、スマートな言い回しのために長い単語を使わないでください。曖昧さや華やかさのある言葉は避けてください。必要以上の形容詞を使わないでください。あなたが書いているのは技術論文です――はっきりと書いてください。

プロフェッショナルにしてください

あなたはSCPの研究者の視点から書いています。ほとんどの専門家は、上司にくだらないジョークをつけたレポートを送信しません。また、おそらく学校の研究論文に俗語を使用することはないでしょう。

同様に、研究者は、書面から離れ感情的にならないようにすべきです。彼らは感情を持っていないわけではありませんが、書き込みに感情を入れることは、客観性を失った非常に感情的な文章だと思われてしまうことになります。

例えば: もし人狼について書くなら、次のように書いてはいけません。

この存在は身長10フィートの人狼です。血のように赤い輝く瞳とダガーのように鋭い牙を持ちます。叫び声は私達の心に"ああ、我々は生贄なんだ"という感情を呼び起こし、震え上がらせ立ち上がれなくさせます

代わりに、次のように書きましょう。

この存在は二足歩行する犬型で、身長はおよそ3mです。発光する赤い眼球と突起した牙を持ちます。発する音声には人間の恐怖を引き起こす作用があると確認されています

検閲について

黒塗り、[データ削除]、およびそれに類する検閲は、謎を追加したり、無関係な情報を取り除いたりできます。あなたは抹消されている情報がどんなものであるかを知っている必要があります。読者により深く考察させる重要な情報がそこに書かれていないのならば、検閲はしないでください。隠された情報は読者により知りたいと思わせます。

追記:"特別収容プロトコル"に「検閲」を用いるのは禁止されています。よく考えてみて下さい、データの欠落した"特別収容プロトコル"が役に立たないのは誰の目にも明らかです。

もしより効果的な検閲について知りたいのならば、こちらのすばらしいガイドを読んで見ましょう。

その他のTips

  • あなたの記事のオブジェクトを、「そのSCP」という形で言及しないでください。記事におけるSCPとは特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)の略です。下書きのときはSCP-XXXXを使用し、投稿する際にXXXXを番号に置換してください。あなたが繰り返しを避けたい場合は、代わり「生物」、「検体」、「オブジェクト」、「アーティファクト」、「実体」などの用語に置き換えてみてください。(必須ではないです)
    • 「対象」はDクラスなどの人員やSCPの影響を受けた人物など実験対象をさすことが多いので、読者が混乱しないように注意する必要があります。
    • インタビューログでは、実際に話されたときに最も自然に聞こえるもので書いてみましょう - 「Skip」などの用語なら大丈夫です。
  • 太字の多用は避けてください。視覚的な魅力や効果はほとんどありません。段落の区切り、見出し、または箇条書きなどの文体を破壊してしまいます。
  • 帝国単位1ではなくメートル単位を使用してください。財団は国際単位系を採用しています。 また、小数点第2位以下を丸めるときれいに見えます。
  • 校正してください。段落の抜けやミススペル、単語やフレーズの重複はできる限り排除して下さい。他の人に校正をお願いしても良いでしょう。あなただけでは気づけないことも、他の人なら気づくかもしれません。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License