人型SCPについて

人間型SCPを書くには

人間型は最も作成が難しいSCPの一つであると言われています。

理由はたくさんありますが、中でも"Xメン・シンドローム"と呼ばれる現象が最大の問題です。つまり人間型に"異常さ"の代わりに"力"を与えてしまうケースが多く見られるのです。しかしあなたがSCPに与えた能力が"異常さ"と取られるか"力"と取られるか、はっきり判断する方法はありません。多くの場合、アイデアが悪いのではなく、描き方に問題があるため"Xメン"は生まれてしまうのです。

以下に人間型SCPを書く際の簡単な注意点を記します。

  • 人間型に"望むもの"を与えてはいけません。財団は監獄でありホテルではないのです。
  • 人間型SCPの性格を不必要なまでに記述してはいけません。これはSCPではなく漫画のキャラクターのようなものを簡単に生み出してしまう方法です。
  • 呼称に気をつけて下さい。人間型SCPのことは基本的に"それ"や"対象"のように記述し、特別な理由がない限り"彼"、"彼女"を使用しないでください(この項目は暫定です。詳しくはこちらのスレッドをご覧ください)。
  • 「全ての人に自動的に好かれる」SCPを作らないで下さい。それが能力の副次的な効果でもない限り、現実的なSCPには成り得ません。
  • 記事の中で、財団を不必要に邪悪に描かないで下さい。財団は冷淡ですが残酷ではありません。
  • 複数の異常な特質を持つ人間型を描く際は、その理由を明確にし、全体の調和を失わないようにしてください。

最後に、例え人間型であっても財団にとっては単なる"SCPオブジェクト"と変わらない、ということを強調しておきます。


特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License