「特別収容プロトコル」について

収容について

あなたが記事を書くときにまず知っておかなくてはいけないのは、SCP財団のモットーはSecure(確保)・Contain(収容)・Protect(保護)であるということです。決してDestroy(破壊せよ)、Destroy(破壊せよ)、Destroy(破壊せよ)ではありません(またはDDDあるいはD3財団と呼ばれることもありません)。ごく少数の例外を除いて、財団職員はSCPを封じ込める手段を模索しなければなりません。

オブジェクトの収容は、明確かつ論理的でなければなりません。仰々しい表現を使ったり、不必要に資源を浪費するような収容方法は好ましくありません。あらゆるSCPは最低限の資源のみで収容されなければならないのです。SCPの収容手順が何かに依存していない場合、それは特別収容プロトコルに含まれません。良い例では、あなたのSCPが中に含まれているセル/ロッカー/鞄/サポーター1の寸法です。部屋が1.31センチメートル規格外だった場合、それは本当に問題でしょうか?そうでない場合は書く必要はありません。問題であるならば、説得力を持たせる必要があります。

また、わかりきっていることを収容手順に書かないでください。例えばあなたの記事が生き物に関連するものである場合、あなたはそれに餌が与えらえると仮定できます。その餌が特別なものでない限り、特別収容プロトコルには書かないでください。加えて、財団は冷淡ですが残酷ではないことも覚えていてください;ええ、私たちは窓のない空のコンクリート製収容房に異常性を持った人間を閉じ込めることが出来ますが、それはSCPを陰鬱にさせるだけでしょう。こういった理由から、彼らが基本的な設備を与えられ、収容セルの範囲内だとしてもレジャーの機会を得ていると仮定することができます。彼らに特別な何かが必要な場合は、封じ込め手順にそれを書くことができます。

まとめると、SCPの収容は論理的で確実性の高いものでなければなりません。利用できる手段は現代のテクノロジーに限られ、収容に使われる資源には合理的な理由が無くてはいけません。ほとんどのSCPは、収容のためにサイトに核を配置する必要はありません。

オブジェクトクラス

各SCPは、その全体的な封じ込め難易度に基づいて、オブジェクトクラスを割り当てる必要があります。基本的には、三つの主要なオブジェクトクラスは次のガイドラインに従ってください。

  • SafeクラスのSCPは収容が簡単です。しかしながらSafeとは自動的に無害を意味するものではありません。代わりに、それを収容することが可能で、収容に関して心配する必要がないことを意味します。Safeクラスのオブジェクトはおよそあらゆる形状のものが含まれ、皮龍終わりなき駐車ビルブラフマーストラが含まれます。
  • EuclidクラスのSCPは、かなり具体的な封じ込め手順が必要ですが、それらが守られ続けている場合、SCPは簡単に収容されます。自由意志を持っているため、ほとんどの人間と知性や知覚を有する動物は、おそらくEuclidを分類する必要があります。EuclidクラスのSCPはサイト全体で最も多いです。このクラスには、最初のSCPであるSCP-173繋がれた廃墟、および死者の影が含まれています。
  • KeterクラスのSCPは非常に具体的な封じ込め手順、より高い警戒及び貴重な資源を必要とするため、効果的な収容が非常に困難です。あなたは箱にそれを閉じ込めて、非常に厳しい封じ込め手順に従っていない限り、それはひとりでにの蓋を破り外へ出てくるのならば、それはKeterです。KeterクラスのSCPは他のSCPと比べて傑出した存在であり、単独で恐るべき脅威に成り得ます。このクラスは影人間未完の年代記、そして恐らくはそこに存在するはずの怪物が含まれています。
  • ThaumielクラスのSCPは、主にKeterクラスの他のSCPを収容または収容するために財団が利用可能で、実際に使用されています。クラス割り当ての正当な理由を上手に書くのが信じられないほど難しく、滅多に使用されないクラスの1つです。このクラスには機械仕掛けの神太陽の姉妹サウエルスエソル、そして望ましい選択です。

NeutralizedやExplainedのようないくつかの二次分類も存在します。それらの詳細はこちらから読むことができます。

特定の記事は、他の、より作者固有のオブジェクトクラスを使用します。確かに、あなたに別のオブジェクトクラスを使用するなと言うルールは存在しません。しかし、S/E/K分類は、多くの人に共有されたカノンです。別のシステムまたはクラスを使用するとdownvoteされるかもしれませんが、あなた自身の責任で行うことができます。


new-guide-mock:writing-essay-hub
必読エッセイシリーズ
あなたのアイデアを活かすために「特別収容プロトコル」について書き方について


サイトルール

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License