WikidotのGoogle検索バー

基本実験

概要

最近日本支部に検索を手伝うことが多くなりましたので、私もWikidotの検索のことを考えることになりました。

日本支部のC-takeさんが作らせて下さったことはとても良いと思いますが、Wikidot全体に適用する、つまり、適用しやすいし、性能も基本的な検索バーより良いことを考えてみました。

一番思い出したのがGoogleの検索バーだったので、適用するのを考えてみました。

条件

  • 適用しやすいこと
  • サイトのメインに出すのが良いこと
    • つまり、別のページに移動して検索を始めるのは非効率的
  • デザインがサイトのものと違和感を出さないこと

実行

Googleカスタム検索

https://cse.google.com/cse/

  1. 新たなサイトを登録
    1. http://ja.scp-wiki.net
  2. 設定はGoogleからホスティングされることとして、検索結果は新たなウィンドウから開けることに設定
  3. デザインは…まずはランダムで一つを選ぶ

コード

<script>
  (function() {
    var cx = '010798177249342776914:joq-qrd5dk8';
    var gcse = document.createElement('script');
    gcse.type = 'text/javascript';
    gcse.async = true;
    gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx;
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
    s.parentNode.insertBefore(gcse, s);
  })();
</script>
<gcse:searchbox-only></gcse:searchbox-only>

このコードを[[html]]で叩き込んでみます。

結果

2次実験

コード

<script>
  (function() {
    var cx = '010798177249342776914:joq-qrd5dk8';
    var gcse = document.createElement('script');
    gcse.type = 'text/javascript';
    gcse.async = true;
    gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx;
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
    s.parentNode.insertBefore(gcse, s);
  })();
</script>
<gcse:search></gcse:search>

結果

結論

デザインの部分と結果が悪くありませんと思います。早速次の課題に入りたいと。


応用実験

概要

検索バーを設置するのは上手くできたと思われますが、既存の検索バーの代わりとして使いたいと思っている人がいるかもしれません。だから、メイン検索バーで検索ページへ情報を伝達してその結果を検索ページで出すことは可能なのか調べてみる実験です。

予想される難点

おそらく、[[html]]を使っているシステムの特徴がありますので、iframeとの通信が行うと思われますが、そのためにJavascriptの知識が必要かも知りません。

これに関して、第一の実験が結果として十分じゃないかと思う人もあるかと。でも、そうですね…今のことでは新なウィンドウが検索一つで二つが増えて最終的に三つのウィンドウが作らせてしまいます。せめて、その過程を一つに減ることができないと相当に不便だと思われます。

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License