脚注の諸所

2重脚注


Created by C-takeC-take


[[footnote]]の中に[[footnote]]を入れる事はできませんが[[bibliography]](参考文献)を用いる事で疑似的に入れ子にする事ができます。

ただし、[[bibliography]]の場合は参考文献の名前付きのリストを作成し、その名前を本文に埋め込む事によって使用するものなので[[footnote]]と使い勝手が違います。ご注意ください。

bibliographyの詳細は下記をご参照ください。
参考文献

また、脚注の見た目(文字の右上に数字がつく)なら^^文字^^という上付き文字の構文で再現できます。
行の装飾

ただし、この方法には欠陥があります。それは[[bibliography]]@@ではカーソルを合わせた時に出る表示で「click to scroll to bibliography」と「参考文献にスクロールする」と表示されてしまう事です。

そこで下記のCSSを使ってこの部分を書き換える事ができます(脚注と参考文献、両方のclick to scroll to…が書き換わります)。

[[module css]]
 
.hovertip .content div:nth-child(3) {
color:transparent;
   -ms-user-select: none; /* IE 10+ */
   -moz-user-select: -moz-none;
   -khtml-user-select: none;
   -webkit-user-select: none;
   user-select: none;
position:relative;
}
.hovertip .content div:nth-child(3):after {
content:"(click to scroll to にゃーん)";
color:#222;
position:absolute;
top:0;
left:0;
display:block;
}
[[/module]]

上記のCSSの中で

content:"(click to scroll to にゃーん)"

をご自身の好きな言葉に書き換えてください。

以下にこれらを使った例を示します。

コード

本文A[[footnote]]脚注親^^((bibcite 1))^^[[/footnote]]本文B

[[footnoteblock]]

[[bibliography title="第2の脚注"]]
: 1 : 脚注子
: 2 : 子から親へ[[footnote]]カオス脚注GoTo文[[/footnote]]
: 3 : 自己参照^^((bibcite 3))^^
[[/bibliography]]

出力
本文A1本文B

第2の脚注
1. 脚注子
2. 子から親へ2
3. 自己参照3

戻る

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License