黒板(チャット用)

宿題

とりあえず動くようにはなったけれど気になるところもあるので傍線付きでメモ。

input
Subject: お題決定(シード値、100~119まで)
Members: 参加人数
yourNumber: 自分の番号
judge: 吊るメンバーの番号

お題の決定

ユーザ入力:
Subject
Members
yourNumber

お題を決定:
決定事項: お題(A/B二種類)
人狼のお題 A or B
最低限必要な情報 
Subject

お題二種決定&人狼のお題決定
・シード値を読み込む。if使用。
・シード値が111以上の場合はお題Bが人狼(お題番号は「シード値-111」)
・シード値が111未満の場合はお題Aが人狼(お題番号は「シード値-100」)

人狼の番号決定
最低限使うinput情報:
Members
 
・randomTableに数字を入れておく。※これは数字を必要な数?まで入れていくのでよいのでしょうか。
・人狼になる番号(WolfNumber)は、「(シード値) を (randomTable内にある数字の個数) で割った余りを更に (参加人数) で割った余りに 1 を足したもの」(参加人数で割ると0~参加人数-1までの数字があまりになるため1を足している)

ユーザが人狼か決定
最低限使うinput情報:
yourNumber
 
・割り振られた番号がWolfNumberであるかどうかをifを用いて判別。

WolfNumberと同じ?

Yes
人狼のお題を表示

No
村人のお題を表示

吊った人の判定

ユーザ入力: judge

人狼の番号か判定
最低限必要な情報: judge, Members, Subject, yourNumber

その人は人狼?

Yes
人狼であると表示

No
村人であると表示

ワードウルフお題ランダム生成(交流用ボイスチャット用)

  • 二種類のお題を一組として、いくつかのペアから一つを選出(シード値)
  • 数値入力で参加人数(、人狼の人数)を入力
  • 二つのお題はタイプA,Bと分ける。タイプA,Bのどちらかをランダムで人狼、村人に分ける
  • 使用者は参加人数のうち何番目かを入力、お題がランダムに出力
  • 議論タイム終了後、指名された人の数字を入力、その人が人狼か村人を出力
  • 答え合わせとして人狼と村人のお題を出力
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License