入力したパスワードによって表示内容を変える構文
  1. 通常のフォーマットを無視して通知画面のようなものを表示、職員コードとパスワードを記載
  2. 折り畳み(報告書等、以下の内容を格納)
  3. 認証
    1. 職員コードには既に内容を記述(結果に関係なし)
    2. ボタンを設置
    3. パスワード毎に分岐
      1. 1のパスワードを入力→認証が消えて文書を表示
      2. 真パスワードを表示→認証が消えて別の文書を表示
      3. 誤ったパスワードを表示→(報告書及び)認証を削除、メッセージを表示※報告書はできなくてもよい
      4. パスワードを白紙で表示→alertにてメッセージを表示

実験ではtrue、白紙、その他の間違ったワードをパスワードに入力

特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License